×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Home −>
SP+メーカーとリストの活用 // 魔法のキキv3

☆ SP+メーカーとリストの活用   最終更新:2015.4/5

ページ1 −> SP+メーカーとリストの活用


WindowsやOfficeのアップデートはコンスタントにかけていれば基本的には困らない。しかしだ。場合によってWindows Updateがうまく機能しない?ときもあるし、時間がかかりすぎる場合もある。一度更新ファイルをダウンロードできれば、さらに言えば統合できれば非常に便利。



基本事項:
 まずはSP(サービスパック)を先に入れること。Win8の場合は8.1にする。
 Hotfixの適用はSPの適用が終わってからにする方がいい、おそらく。時間かかっても。
 IEとはインターネットエクスプローラーのこと。
 .net Frameworkは.netFと略記。
 Visual C++ ランタイムはVC++と略記。
 2000/XPは新規インストールなら統合CD作成を勧める。
 Officeについては後で書く。待ってくれ。
Officeの統合インストールは、Officeのアップデート参照


-----------------------------------------


for Windows2000

SP4 (SP0からも直接OK)
Rollup1 v2 (SP4適用後に)
.netF 2.0 SP1
WMP9


for WindowsXP (32bit)

SP2 (通常はこちらではなくSP3を直接入れる)
SP3 (基本、こちらを直接導入)
IE7 (地雷)
IE8
.netF 3.5 (3xと4xは別系統)
.netF 4.0 (3xと4xは別系統)
WMP11
-----------------------------------------


for WindowsVista 32bit

SP1
SP2 (SP1から順に入れる必要あり)
IE8 (IE9入れればいいので不要)
IE9 (直接入れられない?)
.netF 3.5 SP1

余談だが、VistaでいきなりSP2を入れられないのは、SP1を入れることによって、少し開発が遅れていた(?)Server2008と同一のソースコードに統一することになり、以後SP1をベースに開発したとかいう理由らしい。



for Windows7 32bit

SP1
IE9
IE10
.netF 4.0 (3.xと4.xは別系統)
.netF 4.5 (4.0とは排他、互換性はある)
VC++2005 SP1
VC++2008 SP1
VC++2010 SP1
VC++2012 Update4
VC++2013


for Windows7 64bit

SP1
IE9
IE10
.netF 4.0 (3.xと4.xは別系統)
.netF 4.5 (4.0とは排他、互換性はある)
VC++2005 SP1 32bit
VC++2005 SP1 64bit
VC++2008 SP1 32bit
VC++2008 SP1 64bit
VC++2010 SP1 32bit
VC++2010 SP1 64bit
VC++2012 Update4 32bit
VC++2012 Update4 64bit
VC++2013 32bit
VC++2013 64bit


for Windows8.1 32bit

Update (これが大前提となる)


for Windows8.1 64bit

Update (これが大前提となる)




ページ1 −> SP+メーカーとリストの活用


Home −>
広告Scriptは http://x6.syakuhati.com/ufo/089822600 です,Adblockする人へ.